英語教育や習い事を始めるタイミングについて

スポンサーリンク

六歳の六月六日

おけいこを始めるのに最適な時期とはいつでしょうか? 古くからの言い伝えに「六歳の六月六日に芸事の稽古を始めると上達が早い」とあります。

ここでいう六歳は数え年になりますので、満5歳の六月六日になります。

この由来は江戸時代の寺子屋に通い始めたのが5歳であったことや、ロゴの合わせが好きな当時の風潮だったようです。確かに子供の体力や知力に相当な時期なのでしょう。

現代っ子は早めの傾向

しかし、現代でそれが通用するかというと難しいものがあります。

基礎体力をつけるために乳幼児期にスイミング等に通うお子さんが増えています。スイミングに関しては早い方がよいという意見があります。

一概には言えませんが、羊水の中で過ごしてきた赤ちゃんが水に対して恐怖心を持ってしまう前に水に親しむことを感じとったほうが上達が早いそうです。

そのため、1歳のお誕生日を迎える前にスイミングを始める方が多いです。

またお勉強系としては、小学校に入ってからスムーズに勉強に取り組めるようにと最低でも簡単な文字書きや計算をあらかじめ学んでおく流れがあるようです。

小学校で困らないためにあらかじめ学んだり、何よりも学ぶという習慣を身に付けているのだそうです。

英語教育を始める時期

そのお勉強系の習いごとの中で、英語を検討している方がとても増えています。取り入れ始める時期は家庭それぞれによります。

妊娠中から英語で歌われた音楽を胎教のひとつとして取り入れている方もいます。実際に習い事として始められるのは1歳前後からが多いそうです。歩き始めるのもこの頃、興味の世界がグングンと広がる時期でもあります。

教室に通ったり自宅で教材を使用するなど様々な方法がありますが、教室に通うと同じ年齢や月齢の子供たちやそのお母さんと交流を持てるので、英語以外にも外部とのコミュニケーションという収穫ができます。

この時期においては学ぶというよりは英語を使って楽しく遊ぶことが多く、自然に英語を取り入れるのだそうです。

習い事の種類やそれぞれの家庭によって始める時期が異なるかと思いますが、わが子の発達を充分に見つめながら無理なく始められたら良いですね。

興味があるかどうか、または興味を持てるかどうかが一番大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました