今日からできる自宅での英語教育


まず基本的なことを言いますと言語を学習するには、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つのスキルすべてが必要であることを理解する必要があります。これはもちろん対象が子供であっても違いありません。


話し言葉の発達には、聞くためのスキルもまた必要でありそれぞれが相互に連動して作用しているのです。

そこで、自宅でお子さんに英語教育を行っていく上での理想的な学習プロセスは、コミュニケーションの主題を

①理解して
②自分で応答を考えて
③自分で英語で話せるようになる

とういう3つのステップを踏むことが重要です。

では、具体的にどのようにお子さんを訓練すればよいのでしょうか?
以下に、お子さんが自分で考えて英語を話せるスキルを身に着けられるようにご家庭で訓練する10のポイントをご紹介していきます。

1.正確な発音を聞かせる。

英語の発音は正確であることが重要であり後々にまで影響を与えますので最初に準備する必要があります。
幼い子供たちは聞いた音を真似したいものです。

出来るだけ正確な発音の英語を聞かせてあげたいところですが、親御さん自身がネィティブの発音で英語を聞かせられるという方はほとんどいないと思います。
そこで、躊躇せずに現代の利器をふんだんに駆使してトレーニングしましょう。
たとえば英語の発音プログラムを備えたアプリをタブレットやスマートフォンで遊ばせてみましょう。 お子さんにスマートフォンを扱わせることには抵抗がある親御さんもいらっしゃるかと思いますが、時間を決めて遊ばせてあげるなどして、適切に管理してあげれば極端に心配する必要はありません。

2.短くシンプルな語彙から始めて、翻訳せずに伝えたいことを話し、指し示してあげる。

初めて英語に触れる子供たちに、多くのことを求めてはいけません。まずは簡単な語彙から始めて、英語に興味を持ってもらいましょう。

3.英語で挨拶する習慣をつける

短い単語やフレーズを使用して、おはよう、おやすみ、さようなら、キスして、ハグして、お風呂に入ろう、などのジェスチャーで毎日挨拶する習慣をつける。


4.さまざまな場所や物の絵や写真を指し示し、短い単語の英語で説明してあげる。子供たちはその単語、つまり見た画像を英語での理解を促します。

5.英語の童謡などを聞かせて一緒に歌ってあげる。 子供たちは歌うのが大好きです。例えばお子さんが好きな英語の曲のプレイリストをIpodに作っておいて毎日繰り返し聞かせて声に出して歌わせてあげましょう。曲をただ聞かせるだけでなく、リズムに合わせて踊ったりママも参加して一緒に歌ってあげましょう。

6.さまざまな場所にお出かけするときは、バス、樹木、お店、橋、デパートなど、 新たな英語の語彙を教えるチャンスです 。お散歩がてらに色々な英語の語彙を教えてあげましょう。

7.料理のお手伝い、食事の時も英語の語彙を増やせるチャンスです。フライパン等の調理器具、肉、果物、野菜などの語彙を教えてあげましょう。この習慣をつけていくと子供の好奇心が刺激されて「これは英語でなんていうの?」と自ら聞いてくれるようになるはずです。

8.スーパーマーケットも勉強の場になる。 スーパーやデパートでの買い物もお子様に新しい言葉をインプットする良い機会です。 スーパーで買い物をすると、たくさんの品物があることに気づかされます。日ごろから「これは英語でなんというのか」をお子さんと一緒に調べる習慣をつけておけばお子さんとの買い物がより充実した時間になるでしょう。

9.学習に変化をつけて退屈させないようにする。毎日同じことを繰り返すことも重要ですが、子供は飽きやすいものです。まずは子供が楽しめるかを第一に考えて、変化をつけてあげましょう。例えば昨日英語の本を読んであげたなら今日は簡単な英語のアニメを見せてあげましょう。

10.よくできたね!偉いね!と賛辞の声を惜しまない。

これは非常に重要です。毎回とにかく良いところを見つけて褒めてあげましょう。子供たちは英語の学び覚える喜び以上に、ママから褒められることに喜びを感じています。賛辞は、あなたの子供たちにとって特別な魔法のようなものです。ママから褒められる事で学習意欲も習得度も飛躍的に向上します。

上記の10通りの方法で子供たちを訓練すると、あなたの子供は間違いなく他の子供たちよりも英語を話す能力があることに気付くでしょう。あなたはそれを行うことができ、あなたの子供もそれを行うことができます。あなただけが彼を訓練することに熱心で楽しいです。
上記の10の方法は、赤ちゃんのスキルの練習に役立つさまざまな方法の1つであり、10の方法はすべて、言語スキルの向上に役立つさまざまな方法の一部にすぎません。子供のための英語を練習する方法は、多くの方法で行うことができます。