幼児の早期英語教育と脳の成長

幼児の英語学習法についてですが、英語に限らず物事を教えたりするのは、
早ければ早いほど良いといわれています。

特に3歳ぐらいまでがポイントとなるようです。

一般に赤ちゃんは耳から言葉を覚えます。

そのため語学に関しては一日でも早ければ早い方がいいと言われています。


例えばお母さんが赤ちゃんに語りかける日本語が、赤ちゃんの頭の中にインプットされ、やがて言葉になって日本語が発せられるようになります。


赤ちゃんは言葉がわからないからといって、語りかけないでいるといつまでたっても言葉を覚えることが出来ません。


このように全ての言語は修得過程が同じですから、日本語の環境で育つと日本語を話すようになりますし、英語の環境で育てば英語を覚えるようになります。


3カ国の環境で育つとすれば、3ヶ国語を話すことが出来るようになるとさえ言われています。


幼児の英語学習法では、幼児教育の中では幼児英語学習は難しい事ではないのです。


早い時期に、いかに多くの英語を耳から聞かせることができるかが重要なのです。


自然に覚え、赤ちゃんの口から突然英語が発せられるようになるそうです。

しかも正しい発音のようですから驚きますね。


今は幼児用の英語学習教材も沢山あります、お子様に合ったものを選び学ぶのがよいでしょう。

将来的にもきっと英語は必要になるときがくると思います。

スポンサーリンク

子どもの脳は環境に合わせて成長する

さて、子供の脳は、生まれたときは500gにも満たず、まっさらな状態です。

ただ、呼吸や心臓の鼓動などの基本的機能を調節する脳幹は、誕生時点ですでに発達しています。

この白紙同然の脳に、様々な経験を書き込んでいくことが脳の成長ということになるのですが、そもそも「脳」というのは、外界に適応するための司令塔なので、

自分の外環境が決まれば、それに適合するように脳が育っていくことになります。

つまり、日本語を毎日聞いて、日本食を毎日食べているうちに、そういう生活をするのに合わせて、脳が外の世界に適応するということです。

これは言葉を変えれば、英語を毎日聞いて、洋食を毎日食べているうちに、そういう

生活をするのにピッタリなように、脳が適応するということでもあります。

生まれたときは500gにも満たなかった、この「脳」の重さは、2歳で成人の60%、

3歳で90%、4~5歳で95%にまで達します。

では、中身は…?というと

「脳」というのは、約140億個の神経細胞(ニューロン)からできています。

ニューロンの仕事は何かというと、もうひとつ別のニューロンに情報を伝えることで、

ニューロン同士をシナプスという接点でつないで、他のニューロンからの情報を伝達物質と

いうかたちで受け取り、シナプスから分泌される神経伝達物質を介して、他のニューロンに

情報の伝達を行っていきます。

つまり回線をつないで、情報を伝達しているのです。

ニューロン同士をつなぐシナプスを増やして、神経細胞のネットワークを作っていくことが、脳の発達ということになるわけです。

人間は、すごく未完成な状態で生まれてきます。

生まれたばかりの赤ちゃんのニューロンは、まだ線の繋がっていない電話のような状態にり、ほとんど機能していません。

馬やキリンは、生まれてすぐに立ち上がって歩き出しますが、人間は1年もかかります。

その間に、脳の中の配線を変えて自分が生きる環境で、どうすればうまく歩けるか空間を認識し計算しているのです。

神経細胞のネットワークは、外界からのさまざまな刺激によって、どんどん発達し

4~5歳頃にピークを迎え、そのまま8歳くらいまで維持されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました