幼児教育と英語の必要性

スポンサーリンク

早期英語教育の必要性と実際の学ばせ方

国際化が叫ばれて久しいなか、子供にはバイリンガルになって欲しいという親御さんも多いでしょう。すでに英語の映像や音楽に触れさせて、英語教育に取り組んでいる方も多いことでしょう。

言語を学ぶというのは、非常に難しく時間がかかるものです。海外で生活するなど必要にせまられて覚えたり、言葉を話すこと自体が楽しみになったりしないと、なかなか習得することはできません。

役立つ情報は残るけれども、役に立たない情報はすぐに忘れてしまう、そういうものです。
例えば、小さい頃英語圏で英語を話していても、日本に戻ってきてから英語に触れなくなったために、英語が全然しゃべれないという人もいます。

その理由は英語を話す必要性がなく、英語を話すことが楽しみではなかったからです。小さい頃から英語を学ばせることはとてもいいことですが、楽しいとも思っていないのに英語に触れさせても逆効果のこともあります。

幼児期には、まず英語が楽しいと思わせることが大切です。英語をマスターさせるというよりも、英語の世界を楽しむつもりで親しませることの方が重要です。

英語の早期教育に対する疑問とは

英語教育に対する素朴な疑問としては、早い時期から英語を覚えさせると、日本語の発達にあまりよくないのではないかということがあるようです。実際、どうなのでしょうか。

確かに、英語が分かっても日本語が分からないでは困りものです。でも、いくつかの言語を同時期に覚えようとして、いずれかの言語の覚えが悪くなるということはないそうです。

不思議なものですが、その時々で頭を切り替えて理解をするので、混乱したり分からなくなったりすることもないそうです。ですから、日本語しかしゃべれなくても、英語と日本語がしゃべれても、基本的に違いは生じてきません。

ただ、違う場所で生まれた言語を習得することによって、日本とは違う英語圏の世界と物の考え方があり、価値観の違う人が生きているということを身を持って知ることができます。

例えば、日本語しかしらないと「正解は1つしかない」という考え方をする傾向にありますが、バイリンガルで英語も分かる人は「正解はいくつもある」という考え方をする傾向にあります。これは将来的にみると、とても有益なことですよね。

もちろん英語のテストでいい点が取れたり、発音が美しいということもありますが、内面的な成長も期待できるというわけです。ですから、早い時期から英語を学ばせることは、結果的に広い視野を持つ子を育てられる可能性が高いといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました