幼稚園での幼児教育って具体的に何をしているの??

スポンサーリンク

幼児教育とは?幼児期の範囲

幼児期は、乳幼児を過ぎて、ママから離れた生活を送る時期をいいます。年齢にすると2歳からといいます。

この時期は、ママ以外の世界に対しても興味がわいてきます。体も大きくなり、運動機能もどんどん高くなっていきます。

思考能力も高まり、自分で考えて行動することができるようになります。まわりのお友達や大人たちもしっかり認識し、人間関係も広がります。

人間生活のベースになることを学ぶ時期ですから、非常に重要な時期といえます。いわゆる幼児教育は、この時期の教育のことを言います。

とはいえ家庭でできる幼児教育には限界がありますよね。家庭でも教育しながら、幼稚園に通って、人間関係や社会性を身につけていきます。

はじめての集団生活という意味では、最初は慣れないかもしれませんが、みんなで一緒に遊んだり体を動かしているうちに、溶け込んでいけるはずです。

現在、幼稚園の数は全国で14000の幼稚園といわれ、それぞれの特性をいかした教育を行っています。幼稚園に通えるのは、3歳から小学校に入るまでです。

期間は1年間から3年間までありますが、最近は仕事を持つお母さんも増えてきたからか、3年間通う子が増えてきているようです。

幼稚園における幼児教育とは?

幼稚園で行われる幼児教育に注目してみましょう。学校教育法には、幼稚園が目指す幼児教育について書かれています。

その内容は「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」です。これに基づいた具体的な方針が「幼稚園教育要領」です。これには「幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする」と書かれています。

ここで注目したいのは「環境」という言葉です。この環境は、生活環境や環境問題の環境ではありません。もちろん幼稚園の建物や設備、遊具等でもありません。

学校教育法における環境とは、親や先生など人的環境も含んでいます。そして、人的環境も含めた充実したなかで、幼児期に必要な生活が提供されて、遊びや生活を通じて、それぞれの個性にあわせた指導がされるように求められています。

幼稚園は、子供が最初に接する社会です。お友達や先生との間で、社会や人間関係を学びます。そのような新しい環境のなかで集団生活を送ることが、幼稚園の幼児教育の大きなポイントとなります。そして、それぞれ社会性の基礎を身につけていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました