英語教育教材の選び方と注意点

スポンサーリンク

幼児向け英語教材を選ぶポイント

バブル崩壊後の学歴社会の終焉。

後にやって来たゆとり教育と、その撤回。

日本の社会全体が、教育に対して迷い始めています。

親も教師も、以前ほど子供に「勉強しろ」とは言わなくなりましたよね。

それなのに、幼児に対する英語教育は過熱の一途。教材もさまざまなものが出回っています。幼児向け英語教材を選ぶポイントは「続けられるか」と「得るものがあるか」の2つです。

シェイプアップ器具や化粧品などと一緒ですね。

どんなに効き目のある素晴らしい物でも続けるのが苦痛ならば意味がありませんし、そもそも効果がないのなら買う必要がありません。幼児向けの英語教材を選ぶために、近所の先輩ママやお祖母ちゃんに相談してみるのもいいでしょう。

ひょっとしたらもう使わなくなった教材を譲ってもらえたり、お祖母ちゃんが新品を買ってくれることもあるかもしれません。

でも、最初からそのつもりで相談してはいけませんよ。

幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。で

すから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。

幼児の耳は3歳までにできあがる

幼児の耳は3歳までにできあがる、と言われています。

絶対音感を養うためには3歳までに音楽を学ばせろ、なんて言いますが、英語にも同じことが言えるのでしょうか。

幼児のうちから英語を「聞く」ことを積極的に取り入れている家庭が多いようです。

そのためには教材は非常に便利なツールです。

幼児英語教育に関連することとしては、幼児の教育で英語スクールの卒論、英語の幼児教育の必要性、英語教育で幼児-広島、英語で子供や幼児の教育教材、英語で通信教育幼児用の教材、英語で幼児教育の求人と市場状況、採用について英語の教育で幼児、幼児からの英語教育のワークショップ、幼児教育の英語素材でフラッシュ カード、英語で幼児教育教材、子供や幼児教育用の英語イラスト単語で英語学習、教材で子供の英語早期教育などについてのことが求められているようです。幼児向けの英語教材は単語単語をぽつぽつ覚えさせるものより、長文を聞けるようなものがおすすめです。

小さいうちは耳を英語に慣らすだけで十分です。大人でも英語の勉強は聞くことが大事だと言われていますよね。

字を書けない、日本語もまだ覚束ない幼児なら、なおさらのことです。幼児期の英語教育では、やはり楽しいことが重要。受験や仕事に直結する英語の勉強とは違います。

小さい頃から楽しく遊んでいることで英語に対する抵抗感はなくなります。逆に無理矢理教えようとしたり教材がつまらないと、その体験は大きくなってから英語嫌いとなって現れることもあります。幼児に英語を学ばせたいと考える親は増えていますが、ほとんどの親は自分で教えられる程の英語力を持っていません。

そこで教材の登場となるわけです。また、自分に英語力がないからこそ、せめて子供には…という意識もあるのかもしれませんね。動機はどうあれ、幼児が楽しく学べる環境を作るのが親の務めというものです。

幼児の英語教育に教材は欠かせない…しかし

幼児の英語教育に教材は欠かせないものとなっています。

その理由は、ほとんどの親が英語力に欠けているからです。

今の親世代は中学校から文法主体の、役に立たないとすら言われる英語を学んできました。

幼い頃から英語に触れさせることの効能を、せめて我が子には…という思いが働いているのだと思います。

一口に幼児向けの英語教材と言っても、ビデオ、DVD、CD、動画サイト形式と種類は様々。

これらの物全てがセットになったタイプも多くあります。

ばら売りを見つけて買う方が安くは済みますが、セットにはキャラクターのパペットなどのおまけが付いてくることもあります。

インターネットのウェブサイト検索などでは、幼児英語教育、英語で幼児教育教材、子供や幼児教育用の英語イラスト単語で英語学習、英語で通信教育幼児用の教材、英語教育で幼児-広島、英語で子供や幼児の教育教材、幼児からの英語教育のワークショップ、幼児教育の英語素材でフラッシュ カード、英語で幼児教育の求人と市場状況、採用について英語の教育で幼児、教材で子供の英語早期教育、幼児の教育で英語スクールの卒論、英語の幼児教育の必要性といったことが必要とされているようです。

幼児の英語教育において親が期待するものとはなんでしょう。

英語力の土台作り?もちろんそれもあるとは思います。ですが多くの親は、我が子が幼い頃から英語に触れることで、日本以外の文化、価値観と意識せずに触れ合わせることを目的にしています。そのために決して安くはない教材にお金を払っているのです。

どの教材がいいのかわからない、相談できる人も周りにいない。それなら、困った時のインターネットです。幼児向け英語教材の情報をやり取りしている掲示板や、中古の教材を安く売っているサイトもあります。

ヤフオクやメルカリなども覗いてみるのもいいかもしれませんね。

幼児向けの英語教材は高価?

幼児の頃から英語に慣れさせるのは、後の英語教育にいい影響を与えると言われています。

しかしながら、幼児向けの英語教材は高価なもの。

10万円以上のものなんてざらですし、中には100万円近いものもあります。高いお金を払うのですから、しっかりと吟味して選びたいところです。

十数年前のような受験戦争はもうありませんが、今の子供たちはたくさんの習い事をしています。昔と違うのは、それが勉強のためだけではなく、情操教育の一環であること。

幼児の英語教育はまさにそれです。

英語そのものを覚えるよりも、英語教材を通して何かを学ばせることが目的です。

まず、訪問販売には気をつけましょう。幼児向け英語教材に限らず、本当に素晴らしいものなら訪問販売などする必要はないということを覚えておいてください。

少し興味があって話だけを聞きたいのなら、巧みなセールストークにだまされないことです。

相手はプロ、買わせる術をいくらでも心得ています。幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。ですから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。

自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました