0歳児、1歳児からの英語学習方法

スポンサーリンク

英語学習は早いほど良い?

幼児教育の英語の学習は、早くはじめた方がいいと言われますが、これは本当でしょうか。

ある研究によると、3歳までの子供には、自分の国の言葉と外国の言葉の間の区別はないといわれています。大人ならはっきり区別しますが、子供はそうではなく、同じようなものに聞こえるのですね。

ですから、3歳までの子どもは日本語と英語を大人より早く身につけることができるのです。ということでは、3歳はまでは日本語と英語を身につける良いチャンスだということになりますね。つまり日本語も英語もきちんと吸収させたいなら、早めの方がいいといえます。

とはいえ、皆さんご存じの通り、言葉を習得するのは非常に大変なことです。1~2年でペラペラにしゃべれるということはありません。

毎日1時間英語を勉強しても、完全に英語をマスターするには14年かかると言われています。でも、早く始めればその分早く身に付きますから、早めに勉強するメリットはあります。

もちろん猛勉強をして英語を身につけることはできますが、日本語と英語を無理なく同時に習得したいのなら、早い時期から英語に触れる機会を作る方がベターです。

0歳児の英語学習と教材選びのポイント

幼児教育のなかでも、一番一般的なものが英語でしょう。お子さんに英語を習わせたいという親御さんは多いのではないでしょうか。

よく、子供の年齢は好みにあわせた教材を選ぶようにといわれますが、具体的にはどのようなものを選ぶといいのでしょうか。

まず、0歳児は言葉も話せない段階ですから、CDやテープの音を聞かせてあげるのがいいでしょう。学ぶというより遊ぶ感覚で、音にあわせて体を動かしたり口ずさんだりするだけでも英語に触れることができます。

この時、親も一緒に遊ぶという感覚で立ち会うことが大切です。そういう意味では、楽しめるものであれば、どんな教材でもOKということもいえます。

可愛いキャラクターが登場するから、子供と一緒に楽しめそうだなという観点で選んでもいいでしょう。もちろん、子供が気にいったものを選ぶのもいいでしょう。

英語を学ぶというよりも、英語を通して子供とコミュニケーションを取ろうという感じで取り組んでみてはいかがでしょうか。

1歳児からの英語教育と教材選びのポイント

一般的に、1歳を過ぎると英語の映像や絵を楽しむことができるようになると言われています。体も少し大きくなり、自分から動くようになりますからね。

そこで、タッチすると英語の発音が聞こえたり、音楽が聞こえてくるような教材を使うと効果的です。英語の絵本などもたくさん読んであげると良いでしょう。

しばらくすると、すべての単語は分からなくても、なんとなく言葉の意味が分かるようになるはずですから、親御さんも簡単な英語で話しかけてあげましょう。勉強するというよりも、遊ぶ感覚で楽しめばいいでしょう。

特に子供は、コミュニケーションを取って言葉に触れさせることによって、言語能力が大きく向上すると言われています。ただ、教材を見せたり聞かせたりするだけでなく、教材を使って親と双方向のやりとりをすることで、より英語に親しむことができます。

また、英語の映像や歌にあわせて遊ぶことができるようになりますので、遊びの一つという感覚で取り入れてもいいでしょう。

ただし、あまりに長時間映像を見続けさせるのは、よくないという話もあります。まだこの時期は、集中力はそれほど高くはありませんので、短時間見せるようにするといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました