早期英語教育どうやって始めるべき?

子供たちが21世紀を生き抜いていくためには、英語力は必要で、英語学習は

早いうちから始めた方が良さそうだ!ということがわかった。

じゃ、と~りあえず近所の英会話スクールに入れてみようかな!と思っている

おかあさんも多いのではないでしょうか?


確かに現在の子供たちの英語教育環境は大変に恵まれていて、英語教室、

英会話スクール、プレスクール、インターナショナルスクールと、いろいろな

選択肢があります。


だけど、何も知らない小さくて無防備な子供を英語教室に通わせて、

もし、英語教室になじめなかったら…

もし、英語教室の先生が好きになれなかったら…

もし、教室のお友達にいじめられたら(子供は悪意が無くても残酷なものです)…

英語なんて好きになるはずがありません。


それどころか「英語なんて大嫌い!」「英語の勉強なんてするもんか!」と
思ってしまうかも知れません。

これでは本末転倒です。


まず、最初の一歩は大好きなおかあさんといっしょに始めましょう!

「え~、だって英語なんて喋れないし正しい発音なんてできないもん」という悲鳴が

聞こえてきそうですが、それは教材等でカバーすればいいこと。


毎日の生活の中に、ほんの少しの英語の刺激を与えてあげること

英語環境を作り出すこと、おかあさんもいっしょに楽しむというように

英語に接する機会を作り出すことが大切なんですよ!

→ サンプル教材:資料の請求はこちらから


子供というのは、気に入れば繰り返して遊ぶことは全然苦にならないのです。

ですから、

絵本の場合はボロボロになるまで見る…

無意識のうちに口ずさんでしまうようになるまで英語の音楽CDを聴く…

これが、子供の英語を上達させる基本なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました