良い外国人講師(外人の英語の先生)の条件とは?

外国人の先生たちと仕事をしていた時の個人的な印象ですが
英会話スクールの日本人スタッフ、外国人講師のアシスタントの立場から
勝手に言わせてもらえれば、外国人の先生の仕事に対する意欲はちょうど
日本人の大学生アルバイト講師と同じような感じでした。

どうしてもしなくてはいけないことはするけれど、いちいち注意されなければ
動かないし、ちょっとでも仕事が減れば「ラッキー♪」という感じです。

別に変な人だ、とか、どうしようもない人ばかりだった、というわけではなく
普段はみんな気のいい人達ですが、仕事に対する考え方が根本的に違いました。

親元を離れて、祖国を離れて、羽をのばしているだけの外国人の先生に
ガミガミ言ってもいやな顔をされるだけでした。

彼らは別に「外人だから怠け者」なわけではもちろんなくて、ただ単に
「この仕事で食べていこう」とか「子供が英語を学ぶ過程を見守りたい」という
思いをもって仕事についている人がほとんどいない、というだけです。

すべきことはするのですし、出勤時間も守るわけですから、他の職業では
全く問題なく仕事をやりとげることができるでしょうが
子供の教育にたずさわるという意味では「不適格」というしかありません。

子供の英語教育、という意味で、先生は[英語の上手な日本人の先生]で
あるべきだ、と思っています。

中学生のように学校できちんと英語を勉強している子供達や
小学生でも中学生レベルの英語を既に習得している子供たちが
会話の機会を確保するために外国人の先生のレッスンをうけることには
とても意味がある、と思います。

ですが何も知らないうちから外国人の先生のレッスンを受けても
三年経ってもまだ「ハウアーユー?」「アイムファインセンキュー」の
域をぬけだせない、なんて子供たちが沢山います。

三年間外国人の先生のグループレッスンを受けると、ざっと36万円くらいは
かかります。36万円だして単語50個と自己紹介の仕方を覚えるのって
なんだかかなりお高いような気がします。

36万円あったら、ペーパーバックだと500冊は買えます。
DVDだと120枚は買えます。家族四人でハワイは無理だけど
使いようによってはもっと沢山のことを手に入れることのできる[36万円]。

もうちょっと有効に使いたい!
(もちろん36万円の価値は家庭によってもまた様々でしょうが・・・
 個人的には、自宅(または公民館)でレッスンしている、英語の上手な
 日本人の先生に習うのが、一番いい、と思っています!)

もともと外国人の先生でない方がいい、と思っているのに、あえて
外国人の先生の条件をあげるとすると、(問題発言でないことを祈りますが)
やっぱりワーキングホリデー(通称ワーホリ)で来ている外国人の先生を
さけることだと感じます。

これで随分と違ってくるのではないでしょうか。

今度はワーホリ先生について書きたいと思います。
ワーホリできている外国人に対する悪口ではありません!ただ
ワーホリできている先生たちに対する印象を書きたいだけですのであしからず…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました